ホーム

「東京箱根間ゴミ拾い駅伝」第5回大会(2010年)

「東京箱根間ゴミ拾い駅伝」第5回大会(2010年)

2010年1月9日(土)~10日(日) 5th.start.JPG

あらすじ

この大会でついに出場大学数が20を超え、過去最大を更新した。実行委員長である東海大学の佐々島を中心とした委員会は、もう一つのプロジェクト実行委員会として2009年3月に発足した。ポイント換算方式を継続して採用したが、最終到着者を基準にポイントを配分するなど、さらなる改正に取り組んだ。この大会から初めて実施日を本番の翌日から一週間後に移した。コースに潜在するゴミの回収と現状把握を行うことと、社会人の参加を促す目的だった。この大会を機に「もう一つの東海道駅伝」に引き継がれることとなる。

開催概要

■出場校

  • 麻布大学(2年連続4回目)
  • 亜細亜大学(4年連続4回目)
  •        
  • 神奈川大学(5年連続5回目)
  • 関東学院大学(初)
  • 鎌倉女子大学(初)
  • 慶應義塾大学(5年連続5回目)
  • 専修大学(初)
  • 拓殖大学(2年ぶり3回目)
  •        
  • 中央大学(2年連続2回目)
  • 中央学院大学(初)
  • 帝京大学(2年連続2回目)
  •        
  • 東海大学(3年連続3回目)
  • 東京学芸大学(2年連続2回目)
  • 東京都市大学(初)
  •        
  • 東洋大学(3年連続3回目)
  •        
  • 日本大学(5年連続5回目)
  • 日本獣医生命科学大学(初)
  • 法政大学(初)
  • 明治学院大学(3年連続3回目)
  • 山梨大学(初)
  •        
  • 立正大学(4年連続4回目)
  • 早稲田大学(初)
  • 蒙古騎馬隊(初・一般参加)

■協賛

  • ウイダーinゼリー
  • 三洋電機株式会社
  • キリンビバレッジ株式会社
  • 箱根湯本富士屋ホテル
  • 湯本かっぱ天国
  • 箱根湯本駅前吉田本店
  • 箱根湯本温泉 ホテルおかだ
  • 株式会社村上二郎商店
  • 日本大学校友会
  • 株式会社鈴盛商会

■協力

  • GARBAGE BAG ART WORT(株式会社マック)
  • 平塚市漁業協同組合
  • ダイコー株式会社
  • 株式会社新横浜ラーメン博物館
  • 箱根湯本温泉 萬翠楼 福住
  • 箱根登山鉄道株式会社
  • 自家焙煎珈琲 モネ
  • BMW TOKYO
  • 株式会社オンザウェイ
  • 箱根町役場・箱根町議会
  • 株式会社B.M.C.
  • 株式会社スリー・ディビジョンズ

■後援

  • 小田原箱根商工会議所
  • 横浜市資源循環局
  • 神奈川大学広報課

■給水ポイント設置協力

  • 旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会
  • NPO法人かわさき歴史ガイド協会
  • 神奈川宿遊学セミナー
  • 桑名屋
  • 大平台夢工房

■主催

もう一つのプロジェクト実行委員会

実行委員長 佐々島暁(東海大学4回生)

大会細則

■人数

原則1チーム5人とする。しかし、5人集まらなかった場合に限り3人からの出場を認める。人数に不足が生じた場合、1人につき25Pが加算される。

■ゴミの回収

収集したゴミを回収する場所は1区につき3ヵ所あり、そこで実行委員会が回収する。 また、その地点に到着する前にゴミ袋が満杯になってしまった場合、運営スタッフに連絡する。 なお、参加者1人につき並走者1人付くことは可能だが、並走者が拾ったゴミと参加者が拾ったゴミと区別すること。

■制限時間

収集したゴミを回収する場所は1区につき3ヵ所あり、そこで実行委員会が回収する。 また、その地点に到着する前にゴミ袋が満杯になってしまった場合、運営スタッフに連絡する。 なお、参加者1人につき並走者1人付くことは可能だが、並走者が拾ったゴミと参加者が拾ったゴミと区別すること。

■コース

  • 1区:千代田区大手町~横浜市鶴見区(21.4km)
  •        
  • 2区:横浜市鶴見区~横浜市戸塚区(23.2km)
  •        
  • 3区:横浜市戸塚区~平塚市(20.5km)
  •        
  • 4区:平塚市~小田原市(19.5km)
  •        
  • 5区:小田原市~箱根町芦ノ湖(23.4km)

コースの変動はない。給水所は品川、川崎、神奈川、戸塚、小田原と拡大。

■順位決定方法

ポイント加算方式:順位と拾ったゴミの量による総合ポイント制により勝敗を決することとする。

  • ・ゴミ袋一袋につき10P獲得、ゴミ袋半分は5P獲得
  • ・順位ポイントは最後に到着したチームの時刻、もしくは到着制限時刻を基準とし、各チーム到着時刻との差を1分1Pとして計算する。また、順位ポイントは1日目と2日目で別に加算される。芦ノ湖のゴール到着時には到着順に120P、110Pと全チームがポイントを獲得し、最終的にゴミ袋の数も換算し、総獲得ポイント数により順位を確定する。
  • ・参加人数が5人に満たないチームにはハンデポイントとして1人につき25Pが加算される。
  • ・なんらかのルール違反の場合10P、到着制限時刻があった場合は50Pがペナルティーとして総合ポイントより減算される。

結果

1日目、2日目

5th.result.JPG

総合結果

5th.result.total.JPG

講評はこちらから

報告書

第5回大会報告書

「「東京箱根間ゴミ拾い駅伝」第5回大会(2010年)」の関連記事

NPO法人もう一つのプロジェクト

「世界を1mm動かす。」

「もう一つのプロジェクト」は、「ゴミ拾い駅伝」、「ウェルカムラフト」、「もう一つのメディア」、「もう一つのトラベル」、それに更なる可能性と余白の追求を続ける「もう一つの事業」を手掛ける複合事業型NPOです。単一の分野にとらわれず、様々な社会的な問題を、もう一つの切り口から解決に結び付けていきます。2005年12月発足、2011年12月より特定非営利活動法人(NPO法人)