ホーム

レポート

ウェルカムラフト4「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」してきました!

ウェルカムラフト4「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」してきました!

welcomeraft4.JPGのサムネール画像のサムネール画像

やってきました!第4弾となるウェルカムラフトです。

「すべての人にラフティングの楽しみを。」というこのプロジェクトの原点とも言えるテーマに則り、今回も多くの未経験、または素人の皆々様をラフティングの世界へと誘(いざな)って来ました。

宿泊した参加者からの要望もあり、二日間にわたって開かれた「ウェルカムラフト4」を、主催者目線で振り返って行きます。

台風ニモ秋雨ニモマケズ

この週末の天気予報は、どの「お天気情報サイト」を見ても雨でした。

土曜日に限っては、降水確率80%超え、小笠原諸島に接近する台風12号の影響もあり天候は大荒れとの予報でした。

それでも主催者サイドは、まったくもって雨の心配はしていませんでした。

準備段階から動いた二人は、口をそろえて「晴れ男」を自称していましたが、それもまんざらでもなく過去のウェルカムラフトは3回、日数にしてラフティングを行った日で6日間(第1回:2日、第2回:3日、第3回:1日)すべて晴らしているのです!

tenkizu.JPG さて、今回です。前日24日の天気予報図を見ると東日本は完全に台風の影響下にあるのがわかります。

主催が絶対晴れると豪語する反面、参加予定者からは、心配する声が少なくありませんでした。

無理もないです。

雨風が強まり、それは翌朝まで続いたのですから。

しかし、やはりここは百戦錬磨のイッチーさん、@yasaku_yahagiさん!

集合時間を一時間ずらし、参加者が御岳の駅に降り立った頃には雨は上がり青空が広がっていました。

「晴れ男」健在です。

haretadesho.JPGのサムネール画像 この晴れ間は翌日も続きましたが、解散と同時に待っていたかのように雨がしとしとと降ってきました。

後片付けはずぶぬれでした。

どうやらこの「晴れ男」たち、自分たちが参加者の身代わりになって雨に降られているようです。

実際この数日前に行った買出し、装備準備の時も雨に降られました。

台風と秋雨前線の合間に、訪れた晴れ間。

「晴れ男」もとい、「雨身代わり男」たちによってタイミングが見事に合わさったというわけです。machi.JPG

ビギナーズ・イン・ザ・ウォーター

雨が上がり、気温も上昇、順調に行くかと思われた進行。

しかし、もう一人の自称「晴れ男」イッチーさんがよもやの大遅刻!

いや、厳密に言うとアクシデントが重なったんだとか。

いずれにせよ、このままでは4艇用意したボートは、経験者二名という状況では出艇できません。

陸の上で待ちぼうけをくらってしまったのです。

この時点での経験者は、ウェルカムラフト多摩川開催ではフル参加でラフティング暦9年のオオサワさんと、ちょうど一年前に初めてラフティングボートに乗った@yasaku_yahagiさんです。

そこで考えました。

チームを4つに分けた上で、先発隊と後発隊とに再分割。

オオサワさん、@yasaku_yahagiさんは先発隊で先に出艇し、残りのメンバーはイッチーさんと、まだ見ぬ経験者を待つことになりました。

この時点ですみません!です。

先発隊の出艇を見送って一時間ほど経ち、ようやく主催者の一人イッチーが青梅駅からタクシーで駆けつけました。

「電車で来るより3000円くらい奮発して15分時間を短縮した。」

とか言ってますが知りません。

shazai.JPG さあ、後発隊の2チームも出艇です。先発隊が先にゴールしてBBQをこしらえてくれてることを想像しながら漕ぎ出します。

気になるもう一人の経験者は、大学4年生のカクタくんです。

何を隠そうこのカクタくん、亜細亜大学で一年生のときに「第2回もう一つの箱根駅伝」のMVPに輝いたあのカクタくんんです。

大会前の貴重な練習中、どうもありがとう!

shuttei.JPG 当日朝までの降雨の影響か、ここ数日では大めという水量の多摩川をエキサイティングに下ります!

この大めの水量、エキサイティングなのは確かなのですが、裏を返すと危険さも増すのです。

先発隊が出艇し、下流に消えて行く姿を後発隊が見送った直後に、実は@yasaku_yahagiさんの操船するボートがいきなり岩に乗り上げ、迫り来る水の勢いに押されてそのままひっくり返っていたのです。

ボートから全員が振り落とされたのですがその内3人はラフティング初心者でした。

ウェルカムラフトでは、よくあることなのです!

初心者は大きく分けて三人のパターンに分けられます。一人は慎重に慎重を期すタイプ、もう一方は果敢に攻め入るタイプ。そして危機意識がない人です。

特に危機意識が少ないと、なんでもないところでも川へダイブしてしまいます。

ですが、この件についてはいずれのパターンも落ちることに変わりありませんね。

一応説明するとこの岩に乗り上げ、ボートがひっくり返った際に、体重を移動して現状を維持している状態のことを「ハイサイド」といいます。

9_09_05.jpg  (参照:EARTH SHIP@長良川)

そうしていないとボートは簡単にひっくり返ってしまいます。

もし今後ラフティングしたい方、操船に挑戦したい方は覚えておくとよいでしょう。

そんな惨事が起こっているものとは露知らず、

「に~く、に~く!(肉、肉)」「な~ま、な~ま!(ビール、ビール)」

という奇妙な掛け声で後発隊は進んで行きます。

smile.JPG

いい笑顔です。全員分撮りたかったですね。

東京都内ということを忘れてしまうような穏やかな景色です。

hashi.JPG

およそ1時間半の船旅もゴールにたどり着きます。

心地よい疲れを残し、舞台は第二幕のBBQへと移って行きます。

秋の味覚とタジン鍋

後発隊がゴールすると、先発隊は先に着いたにもかかわらず疲れ果てていました。

何があったのか聞いてみたら「ハイサイド」というわけです。

エキサイティングな中には危険な要素もたくさん含んでいます。

楽しい思い出も、痛みを伴う思い出も、あわせて忘れられない一日となったっことでしょう。

さて、今回のウェルカムラフトの目標の一つであるタジン鍋を使った料理をはじめ、秋の味覚が集まったBBQとなりました。

梨、ブドウといった秋の果物に加え、築地からは今日入ったばかりの北海道産の秋刀魚が、秋刀魚担当から直送されてきました。

日が沈む頃、ようやく準備が整い火を囲みながら宴が始まりました。

kanpai.JPG秋刀魚を囲むこの画は毎度お馴染みです。タジンも2回し、アウトドアタジンも徐々に広がりを見せつつあります。

P9253999.JPG

花火もしました。

ちょっとだけ夏を足掻いてみました。

hanabi.JPGラフティングというコンテンツを用いて、人と人との交流、人と自然との交流がもっと盛んになれば具体的には挙げにくいですがたくさんの問題の解決に繋がる気がします。

この後も宴は続きます。

二日目の様子はスタッフブロで→

ラフティングには間に合わなかったけど、近く遠方に転勤するという初代ウェルカムメンバーも駆けつけてくれました。

実際このイベントを通してその後たくさんの繋がりが生まれました。

P9253985.JPG

今回もまたたくさんの繋がりができました。

台風が来てるという中、われわれを信じて多摩の山奥まで来てくれてありがとうございました。

京都開催の時もそうでしたが、今回も遠く浜松、名古屋、金沢、秋田からも参加していただきました。

本当にありがたい限りです。

しかし、今回の開催を持ってウェルカムラフトはしばしの休息期間に入ります。

シーズンオフということもありますが、ラフティングの腕、イベント運営の腕をもう一度鍛えなおす修行の期間にしたいとも思っています。

これまでウェルカムラフトに携わっていただいた皆様ありがとうございました!

またどこかの川で会いましょう!

 

 

 

「ウェルカムラフト4「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」してきました!」の関連記事

ウェルカムラフト8「ap raft fes '12」してきました! 「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」というスローガンで実施しているウェルカムラフトも早いもので、今回で8回目の開催となった。2010年3... 2012年7月19日公開

ウェルカムラフト6「京都迎筏」してきました! エピローグ 京都・保津川でのウェルカムラフト開催は今回が2回目となります。当初、「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」と、謳っているにもか... 2011年7月17日公開

ウェルカムラフト5、5 「サバイバル」してきました! 決まって直前に雨が降るウェルカムラフト。今回もご他聞に漏れず沖縄で発生した台風1号により、押し上げられた停滞前線の影響で開催の直前までまるで梅雨... 2011年5月14日公開

ウェルカムラフト4「すべての人に、ラフティングの楽しみを。」してきました! やってきました!第4弾となるウェルカムラフトです。 「すべての人にラフティングの楽しみを。」というこのプロジェクトの原点とも言えるテーマに則り... 2010年9月25日公開

ウェルカムラフト3「京都迎筏」してきました! 近畿地方の梅雨明けと時を同じくしてウェルカムラフト第3弾となる「京都迎筏」が行なわれました。梅雨が明けると夏がやってくるとよく言われますが、今... 2010年7月18日公開

ウェルカムラフト2「子どもの頃へ、自然の中へ。」してきました! これは、マイナーながらも少しは耳に聞き覚えがあろうラフティングを、もっと多くの人に体験を通して、その楽しさや自然環境の尊さを感じ取ってもらいた... 2010年3月20日公開

NPO法人もう一つのプロジェクト

「世界を1mm動かす。」

「もう一つのプロジェクト」は、「ゴミ拾い駅伝」、「ウェルカムラフト」、「もう一つのメディア」、「もう一つのトラベル」、それに更なる可能性と余白の追求を続ける「もう一つの事業」を手掛ける複合事業型NPOです。単一の分野にとらわれず、様々な社会的な問題を、もう一つの切り口から解決に結び付けていきます。2005年12月発足、2011年12月より特定非営利活動法人(NPO法人)