ホーム

レポート

五街道ゴミ拾い駅伝が開催されました!

五街道ゴミ拾い駅伝が開催されました!

gokaido.logo.jpg

2012年2月11日から12日にかけ、五街道ゴミ拾い駅伝東海道ルート、最初の区間である日本橋箱根間大会が開催されました。結果報告と共に2日間の様子をレポートします。

1区:日本橋川崎間(19.3km)

集合写真.JPG

五街道の起点「日本橋」をスタート

今回も個性的な面々が日本橋に集結しました。中でも目を惹くのは東洋大学の2チームです。毎年そのコスチュームに注目が集まるが、今年は男子・女子と2チームの編成で登場。男子チームは女子高生の制服、女子チームはメイド服での参戦となりました。早朝の通行人の注目も集まる中、開会式が執り行われ、定刻を若干過ぎた午前8時6分、スタートとなりました。

スタート後、選手達は中央通りを一路新橋方面へ進みます。人もまばらな土曜朝の銀座界隈をゴミ拾いランナー達が駆け抜けます。流石に我が国を代表する商業区だけあり、ゴミも見当たらないようで、追いかけようとするサポーターや取材関係者のみなさんもすぐに離されてしまったようです。その後、道は第一京浜(国道15号)と名を変え、新橋、浜松町と過ぎ、東海道最初の宿場だった品川へ至ります。

IMG_1381.JPG IMG_1399.JPG

最初の宿場「品川」で給水所でまったり

品川駅を過ぎたところの八ツ山橋から、コースは旧東海道へ入っていきます。ここでは電柱の地中化や商店のビジュアルイメージを統一することでかつての町並を再現されています。この取り組みを長年実施されている旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会のみなさまに今回も給水所を設置していただきました。東海道53次では日本橋から数えて最初の宿場、今大会でも最初の給水所ということもあり、選手達が一息つくにはちょうどよいポジションです。ここでは残りの区間を地図で確認したり、品川の方々と話されたりしていました。選手の中には、旧東海道は「ゴミが少なくてポイントにならない」と、なかなか嬉しい不評が聞こえてきました。

IMG_1409.JPG IMG_1428.JPG

多摩川を越え川崎中継所へ到着

青物横丁から再びコースは国道15号に戻ります。ここから先は一直線に川崎まで平坦なコースが続きます。コース中最もゴミ回収量が多いのが、国道の街路樹近辺で、茂みの中に手を突っ込むと止め処なくゴミが回収できます。一見したところ見えない道路にもゴミは大量に山積していることに、気づかされます。さて、レース展開はどうなっているのでしょうか。品川通過時点でトップは2年ぶりの出場の亜細亜大学、2位には立正大学、そして中央学院大学、立命館大学が続きます。しばらく空いて、鳥取県寮チーム、東洋大学、最後に関東学院大学が通過していきました。

例年より手前に設けられた最初の中継所は、多摩川に架かる六郷橋の袂にある稲毛公園付近に設置されています。一足先に中継所で待っているスタッフの目に最初に飛び込んできたのは黄色のユニフォームの亜細亜大学でした。日本橋スタート直後、周囲の呼びかけもむなしくいきなり道を間違えて日光街道方面へ飛び出た亜細亜大学。見事に軌道修正し、区間賞の走りを見せたのでした。

IMG_1438.JPG IMG_1461.JPG 1区結果(修正済).PNG

2位で到着したのは立命館大学。ゴミ回収量では鳥取県寮チームが14kgでトップ区間賞を獲得です。続いて中央学院、立正が到着。1区でトップと最下位との差は1時間20分開きましたが、まだまだわかりません。この区間でのゴミ回収量は66kgでした。なお、女子ポイントとは、女子が担当した区間のゴミ回収量は、1.5を掛けた数字がポイントとして加算される今大会からの新ルールです。


2区:川崎東戸塚間(19.2km)

心も体も温まる保土ヶ谷給そば所

川崎中継所を出発した選手達は、ゴミの2区と呼ばれる区間へと突入していきます。保土ヶ谷までの区間前半は国道15号から1号へと道路が変わります。その間、川崎、横浜の都心を通過して行く中で、やはり大量消費地にはゴミが山積しています。道路の幅も広く、所によっては複雑に立体交差しているため、気が抜けないエリアとなっています。ここを無事通過し、保土ヶ谷エリアに入ると、コースも中盤です。

保土ヶ谷では3年目となる保土ヶ谷給そば所を設置していただいています。明治19年創業の老舗蕎麦屋桑名屋さんと東海道保土ヶ谷宿松並木プロムナード水辺愛護会の皆様のご支援です。到着した選手を温かい蕎麦で迎え、東海道と保土ヶ谷宿の話を交えながら、交流が図られます。全選手が均等に休憩していくため、順位に大きな変動はありません。こうした交流の場が、東海道を軸にいくつも作られるのが、なんともこの駅伝の特徴ですね。ここから先はいよいよ権太坂です。

IMG_1492.JPGIMG_1503.JPG

迷子続出!?本家・権太坂

過去6年間の東京箱根間でのゴミ拾い駅伝では、保土ヶ谷から戸塚へ抜けるコースは国道1号でしたが、今回は権太坂に挑戦してみます。国道1号の権太坂は、あくまで地名であり、本家・権太坂、つまり古より旅人を苦しませた急坂が今回のコースです。国道が発達しすぎたせいか、入口がわかりづらいのが原因か、ここから次の東戸塚中継所までは4kmほどにもかかわらず、多くの選手が予想以上に時間をロスしてしまいました。坂が急なこともありますが、地図とにらめっこしながらの駅伝も苦労が絶えません。

IMG_1516.JPG IMG_1558.JPG IMG_1551.JPG IMG_1564.JPG

今大会最大の中継所「東戸塚」

権太坂を下ると、東戸塚の街並みが見えてきます。権太坂の細い住宅街から、高層マンションや大型商業施設がひしめく都会的な界隈へと移り変わる様子は、東海道を通して歴史を旅している気分にさせます。ここでは、今年発足した東戸塚絆の会の皆様に中継所と給水所を設置していただきました。株式会社リスト東戸塚支店さん株式会社エイトさんにグッズや豚汁を提供していただきました。東戸塚に拠点があるエフエム戸塚さんからもラジオ収録を兼ねてご支援いただきました。当日の様子は大会2日目と、2月19日(日)に渡って放送される予定です。番組情報はこちら

2区結果.PNG

東戸塚中継所にトップで到着したのは亜細亜大学でしたが、タスキリレーすることなく中継所を通過してしまうというアクシデントに見舞われましたが、無事中継所に戻ってこられました。時間調整の後、豚汁をいただき再スタートです。2区で光ったのは関東学院大学でゴミ回収量が32.5kgと、他を圧倒する形で区間賞を獲得しました。なお、到着タイム区間賞は中央学院大学が獲得しています。


3区:東戸塚平塚間(25.8km)

IMG_1569.JPG

夕暮れの最長区間を行く

東戸塚中継所から次の平塚中継所までは、今大会最長の25.8kmの道のりとなります。これは東京箱根間大会では過去最長、東海道区間でも興津(静岡市)岡部(静岡県藤枝市)間に並ぶ最長区間です。1,2区の短縮分が一気にこちらに流れた形で、選手の皆さんには負担をお掛けします。最後にタスキリレーをした東洋大学の2チームが出発したのは16時17分。当然、平塚到着は日没後となります。

1日目の終点「平塚中継所」

東洋大学が東戸塚中継所を出発してから1時間20分後、鳥取県寮明倫館チームが早くも平塚中継所となる平塚市役所に到着していました。所要時間3時間7分で区間賞の走りを見せ、1日目到着タイムでトップに立ちました。立春を過ぎたとは言え、日没はすぐにやってきます。区間後半は、寒さとの闘いでもあり、同時に自分自身との闘いでもあります。そんな中、立正大学、関東学院大学、東洋大学・女子チームは、女子ランナーが挑んでいます。ゴミ回収ポイントが1.5倍になりますので、ここでポイントを稼いでおきたいところです。

3区結果.PNG


鳥取県寮チームに次いで到着したのは中央学院大学です。鳥取県寮チームと同様、夜道にもかかわらず、11kgのゴミを回収しました。ゴミ回収では関東学院大学が、ここでも粘りの11.5kgを回収し、区間賞を2区間連続で獲得しました。その後、立命館大学も到着。亜細亜大学は苦戦し4位でフィニッシュ。最後に到着の東洋大の2チームは、所要時間区間4位の快走(快掃)を見せました。


1日目結果

1日目の結果.PNG

タイムポイントは最後に到着した東洋大学の20時41分を基準とし、そこからの時間差で決まります。ゴミポイントは回収したゴミ1gを1ポイントに換算し、女子ポイントもここで加わります。これらを総合した結果は上記のとおりで、関東学院大学が試合巧者ぶりを発揮しました。3以下は接戦ですが、東洋男子チームは奮起したいところです。なお、日本大学は途中棄権となりました。1日目のゴミ回収量は、212kgに上り、回収は平塚市役所にご協力いただきました。

4区:平塚小田原間(21.7km)

IMG_1597.JPG IMG_1605.JPG

朝日をバックに平塚漁港をスタート!

今年も平塚市漁業協同組合の協力で同組合の施設を宿泊場所としてお借りしました。ここが2日目のスタート場所となります。1日目に続き、2日目も晴天に恵まれました。相模湾に照らされる朝日をバックに、4区掃者が一斉スタートを切りました。ここから選手達は国道1号に合流し、本コースへ戻ります。この日の読売新聞の朝刊に、1日目に取材していただいた様子が掲載されていました。写真に写っていた選手はしばらく興奮が収まりませんでした。

富士山を見ながら進む松並木

平塚市内の国道1号では、ゴミ回収の要請が引っ切り無しにゴミ回収車両にかかってきます。スタート後20分足らずですぐに満杯になったゴミ袋が2袋、3袋と、ゴミ回収車両を埋めていきます。しかし、国道が1車線になり、大磯、二宮へと差し掛かると状況は一変します。松並木が続くこの区間では、ほとんどゴミが見当たりませんでした。区間前半のゴミ回収量が嘘のようです。空気も澄んでおり、時折富士山の雄姿を拝むこともできました。全区間中最も風光明媚な4区は、今年も期待に応えてくれました。

IMG_1625.JPG IMG_1630.JPG

小田原城内の中継所

最終区へタスキを渡す中継所は小田原城の南門に設置されています。21.7kmの道のりを最初に駆け抜けてきたのは立命館大学です。箱根口交差点を右折して小田原城へ、その後間を空けず、立正大学、鳥取県寮チームが到着し、タスキをリレーしていきました。城内に中継所が設けられたのは、もう一つの東海道駅伝の掛川中継所以来のことです。小田原市スポーツ会館にゴミの一時保管をご協力いただき、その後小田原市に全区間中最多のゴミを回収していただきました。4区では90kgものゴミが回収されました。

IMG_1650.JPG DSCF5315.JPG 4区結果.PNG

立命館大学が初の区間賞を獲得しました。ゴミ回収量は、関東学院大学がここでも38.5kgと異次元の回収を見せ、前日から引き続き、3区間連続の区間賞となりました。区間前半と後半で落ちているゴミの量がまったく違った結果、拾うべきポイントで、到着タイムを惜しまずゴミ回収にあたった関東学院大学が優勝をぐっと引き寄せました。なお、3着の鳥取県寮チームは5区のエース柴倉選手にタスキが渡りました。

5区:小田原箱根間(23.2km)

大平台給水所のおもてなし

5区は言わずと知れた山登り区間です。トップでタスキリレーした立命館大学、2位の立正大学を、3位の鳥取県寮チーム柴倉選手が軽々と抜いていきます。箱根湯本に到着する頃から、温泉街の賑わいが見えてきます。湯本の町では、折折菊川商店村上二郎商店箱根湯本駅前吉田本店箱根湯本ホテルおかだ湯本富士屋ホテル各社より賞品をご協賛いただきました。箱根山中で最初の難関である大平台のヘアピンカーブ。ここを通過したところに、大平台夢工房の協力で大平台給水所を設けていただいています。ちょうどお昼時、温かい味噌汁とおにぎりが選手にもサポーターにも本当にありがたいです。

IMG_1685.JPG IMG_1692.JPG

箱根・芦ノ湖にゴール!

先頭集団は、鳥取県寮チーム、立命館大学、立正大学に絞られました。大きく差が開いて中央学院大学、亜細亜大学、東洋大学が続き関東学院大学が最後に5区をスタートしました。しかし、山中で関東学院大学がごぼう抜きを見せます。東洋の2チーム、亜細亜大学、中央学院を抜き去り、一気に4位に浮上しました。そんな折、ゴールとなる芦ノ湖から衝撃の一報が入りました。なんと鳥取県寮チームがゴールしたとのことです。所要時間はなんと1時間52分、駅伝ランナーにも匹敵するタイムでした。

東海道に引き続き、五街道でも最初にゴールテープを切ったのは明治大学の柴倉選手でした。この圧倒的な速さに、なかなか後続は追いつけません。トップのゴールから1時間半後、立命館大学、立正大学が揃ってゴール。山中でのゴミ回収は難しく、いずれの上位チームも5区での回収量は5kgに満たない結果となりました。富士山が見え隠れする芦ノ湖に続々と選手が到着していきます。

IMG_1717.JPG IMG_1737.JPG 5区結果.PNG

5区の到着タイムリミットは過去の結果を踏まえて19時と設定していましたが、今回はリミット経過ペナルティの心配を全く感じさせない結果となりました。最後に到着した東洋大学は17時10分の到着です。まだ日が出ている中で全チームのゴールというのは未だかつて記憶にありません。それほど今大会は、スピードの部分ではバランスの取れたチーム編成となっていたのではないかと思います。


2日目結果

2日目結果.PNG

5区の結果を踏まえて、2日目の結果を振り返ります。ゴミ回収量は、2区間のみでしたが113kgを回収しました。その大半は4区前半の平塚区間に集中していました。到着タイムポイントでは、鳥取県寮チームが他を圧倒する結果となりましたが、ゴミ量では関東学院大学がその衝撃を上回る回収を見せ、総合獲得ポイントで初日に続きトップに立ちました。立命館大学が一つ順位を上げましたが、4位立正大学以下の混戦状況は引き続き最後まで結果がわかりません。

総合結果発表

総合結果.PNG

大会結果のダウンロードは

こちらから

1日目、2日目ともにゴミ回収量で圧倒した関東学院大学が、昨年のもう一つの東海道駅伝総合優勝に続いて栄冠を手にしました。2位には、こちらも東海道を一人で掃破した明治大学柴倉選手を擁する鳥取県寮明倫館チームが入りました。到着タイムポイントでは他を圧倒しました。日本橋のスタートから、箱根のゴールまでの所要時間は、14時間10分でした。3位には、社会人中心の立命館大学チームがランクイン。翌日仕事という環境の中、お疲れ様でした。4位の立正大学は、終始安定した走りを見せ、最後まで順位を落とすことはありませんでしたが、最後に浮上するには至りませんでした。5位に入ったのは亜細亜大学。前半こそ往年の走力を見せはしたものの、後半での浮上はなりませんでした。しかし多くのサポーターに囲まれ、そのチームワークには光るものがありました。

6位の東洋大学・女子チームはゴミ回収ポイントでなんと総合2位にランクイン。女子ポイントが加算されているとは言え、優秀な成績を残しました。敢闘賞を獲得です。中央学院大学は、要所要所で力を発揮し、到着タイムポイントでは3位にランクインしました。しかし、ゴミ回収ポイントで上位チームには一歩及びませんでした。東洋大学・男子チームは、ほぼ女子チームと同じ内容でしたが、ゴミ回収量で及ばず、今回の結果になりました。しかしおそらく全チーム中沿道でもっとも認知されたチームであることは間違いないでしょう。

閉会式と表彰式

IMG_1747.JPG IMG_1750.JPG IMG_1749.JPG

タスキをつなぐ賞品

まずは参加賞として、菊川商店様よりいただいたカステラのような口当たりの箱根まんじゅうが選手、サポーターに配られました。優勝チームには村上二郎商店様より数万円相当の梅干を、湯本富士屋ホテル様より温泉入浴券、主催者よりゴミ拾い駅伝の書籍、そして今夏の一大イベント「ロンドン国際ゴミ拾い駅伝」の2名分の渡航、宿泊、参加費パスが贈呈されました。優勝チームには箱根町特別賞として、箱根町より寄木製の盾を贈呈していただきました。環境整備部長様に直接お越しいただき、優勝した関東学院大学に盾が渡されました。2位のチームには、箱根湯本ホテルおかだ様より温泉入浴+ランチバイキングチケット、箱根湯本駅前吉田本店様より寄木製携帯ストラップが、そして書籍とロンドン行きの1名様分のパスが贈呈されました。3位のチームには、箱根湯本ホテルおかだ様より温泉入浴+ランチバイキングチケット、箱根湯本駅前吉田本店様より寄木製携帯ストラップが贈呈されます。

敢闘賞とMVP

大会を通じて健闘したチームを称える敢闘賞は、東洋大学・女子チームに贈呈されました。箱根湯本駅前の折折様より、手鏡を、東京箱根間ゴミ拾い駅伝第3回優勝メンバーで神奈川大学OBの小泉氏よりお菓子が贈呈されました。優勝に貢献したメンバーを賞するMVPには、全区間を通じて最もゴミを回収した関東学院大学4区の柴山さんと北村さんが輝きました。その粘り強いゴミ拾いに、東洋大学OBの栗原、荒波両氏より水戸納豆が贈呈されました。

集合写真2.JPG

協賛

折折GARBAGE BAG ARTWORK菊川商店村上二郎商店箱根湯本駅前吉田本店箱根湯本ホテルおかだ

湯本富士屋ホテル、早雲寺(※寄付)

協力

国土交通省東京国道事務所旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会東海道保土ヶ谷宿松並木プロムナード水辺愛護会

桑名屋、有限会社uソリューションズ、株式会社リスト東戸塚支店株式会社エイトエフエム戸塚平塚市

平塚市漁業協同組合小田原市小田原市スポーツ会館箱根町、大平台夢工房、箱根町集会所

OB有志(小泉、栗原、荒波)、その他応援していただいたすべての皆様

主催

五街道ゴミ拾い駅伝実行委員会、NPO法人もう一つのプロジェクト

総括

毎年御馴染みのコースでの開催となりました五街道ゴミ拾い駅伝の最初の区間である日本橋箱根間ルート。気づけば7年目の開催となります。この活動を通して、繋がってきた方々には大変感謝しております。これまでの繋がりと、新たな繋がりを確認できた大会となりました。コースは旧東海道区間をこれまで以上に設定したため、ゴミの回収量は前年よりも少なくなりました。旧東海道のように、現在の国道も、自分達の軒先と同じようにゴミを捨てない、また落ちていたら拾うという習慣ができればきっとゴミ拾い駅伝を開催する意義もなくなすことでしょう。しかし、それにはまだまだ時間がかかりそうです。全国にこのスポーツカルチャーを発信していくため、五街道ゴミ拾い駅伝ははじまったばかりです。残り13大会を2016年まで4年をかけて清覇していきます。今回参加された皆様、ご支援、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。これから先、道のりは長く、1400kmほどありますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

next.nikko.jpg

NPO法人もう一つのプロジェクト

「世界を1mm動かす。」

「もう一つのプロジェクト」は、「ゴミ拾い駅伝」、「ウェルカムラフト」、「もう一つのメディア」、「もう一つのトラベル」、それに更なる可能性と余白の追求を続ける「もう一つの事業」を手掛ける複合事業型NPOです。単一の分野にとらわれず、様々な社会的な問題を、もう一つの切り口から解決に結び付けていきます。2005年12月発足、2011年12月より特定非営利活動法人(NPO法人)