ホーム

東京箱根間ゴミ拾い駅伝大会

東京箱根間ゴミ拾い駅伝大会

東京箱根間ゴミ拾い駅伝とは?

「東京箱根間ゴミ拾い駅伝」は、2006年から2010年までに行われた、ゴミ拾い駅伝としては最初のイベントです。2005年12月、複数大学間によって行われる予定だった同イベントに、ゴミ拾いの要素を加えて行ったのがはじまりで、開催ごとに多くのメディアに取り上げられる機会があり、参加人数や開催規模が大きくなっていきました。

2010年7月には同名の書籍も出版され、これを機に東京神奈川の区間以外にも広く普及していくことを一つの目標に、2011年からは「もう一つの東海道駅伝」と名称を改め、この襷は現在もがつながっています。

これまでの歩み

「もう一つのプロジェクト」の歩みを参照(※2011年8月現在)

これまでの参加大学

麻布大学/亜細亜大学/神奈川大学/関東学院大学/鎌倉女子大学/慶應義塾大学 /専修大学拓殖大学/中央大学/中央学院大学/帝京大学/東海大学/東京学芸大学/東京都市大学/東洋大学/日本大学/日本獣医生命科学大学/法政大学/明治学院大学/山梨大学 /立正大学/早稲田大学(2006年~2010年※もう一つの東海道駅伝は含まず)

過去の大会は下記関連記事をご参照ください

「東京箱根間ゴミ拾い駅伝大会」の関連記事

NPO法人もう一つのプロジェクト

「世界を1mm動かす。」

「もう一つのプロジェクト」は、「ゴミ拾い駅伝」、「ウェルカムラフト」、「もう一つのメディア」、「もう一つのトラベル」、それに更なる可能性と余白の追求を続ける「もう一つの事業」を手掛ける複合事業型NPOです。単一の分野にとらわれず、様々な社会的な問題を、もう一つの切り口から解決に結び付けていきます。2005年12月発足、2011年12月より特定非営利活動法人(NPO法人)